拒食症ガイド TOP ≫ 拒食症の基礎知識 摂食障害とは

摂食障害とは

『摂食障害』とは、拒食症に限らず過食症も含め、主に食事に関する障害のことを差します。比較的これらは若い年齢層に多く見られる病気で、10代の頃から摂食障害に悩まされている人も少なくないようです。

若い頃、このような摂食障害(特に拒食症)にかかってしまうと、成長過程で必要な栄養素を摂取することが出来ない為、体の発育にも大きな影響を及ぼします。加えて、思考する能力もストップしてしまうので、学習面にも悪い影響を及ぼし、10代の頃にかかってしまった摂食障害は早めの治療をオススメします。

何故若者がキレやすくなるのか。それは、この若い頃の摂食障害も、原因の一つと考えられます。摂食障害でなくても、若い頃の栄養不足、もしくは栄養の偏りによって、怒りやすくなったり、不安感に左右されやすくなったりと、精神面での問題も起こりやすくなってきます。

このような精神面での不安が現れた場合、本人だけの問題だけでなく、いじめの問題に発展するケースもあります。暴力的な面が大きくなればいじめる側になる可能性もありますし、精神面の不安定さが周りに伝わることで、いじめられる側になってしまうことも考えられます。

摂食障害による身体面・学習面・精神面でのトラブルは、このように10代に多く見られ、成長してからでもこの危険は摂食障害に伴うものです。


拒食症の基礎知識


五反田 透析
五反田で透析なら五反田ガーデンクリニック!

コンプラビン 副作用
コンプラビンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!