拒食症ガイド TOP ≫ 拒食症の基礎知識 過食症との違い

過食症との違い

簡単に説明すれば、拒食症とは身体が食事を拒絶し、極端にやせてしまう病気のことです。一方、過食症は単独で起こることはあまりなく、多くは拒食症のリバウンドとして起こる場合もあります。その後、過食を続ける場合もあれば、過食と拒食を繰り返すこともあります。

また、精神の不安から、突然過食になるケースもあります。拒食症と過食症のケースの違いを一括りにすることは出来ません。過食の後、嘔吐することでストレスを発散させようとする場合もあります。これは、拒食症と似ているケースです。いくら食べても吐いてしまうので食べた気がせず、自発的に嘔吐する場合も有りますし、胃が受け付けず、やむを得ず吐いてしまう場合もあります。

もう一つのケースとして、ひたすら食べ続け、嘔吐することは無い過食症のケースもあります。過食が拒食に繋がることもあれば、このように拒食とは全く逆のものもあります。ただし、拒食のように栄養を全く摂らないのも体に良くなければ、このように食べ続けてしまうことも体に良いことではありません。

栄養は、全く摂取しないのも、摂りすぎるのも、どちらも体にとっては良くないのです。摂食障害は拒食症にしても過食症にしても、体に直接悪い影響を与え、健康的な生活に支障を来たす原因となり得るので、早期の治療が大切と言えるでしょう。摂食障害の原因になっているものは何なのか、把握する必要があります。


拒食症の基礎知識


アンカロン 副作用
アンカロンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

酒田市 不動産
http://www.yamaichi4320.com/