拒食症ガイド TOP ≫ 拒食症の治療法 運動の見直し

運動の見直し

現代人の運動不足による諸問題は、今に始まったことではないと考える人もたくさん居るでしょう。運動不足による『成人病』の流行や、体の諸機能の低下によって招く精神の病など、現代人には運動が足りてないと考えられています。

拒食症の原因の一つとしても、『運動不足』が挙げられます。昨今、横着をして食事を抜くダイエットに走る若者が増えました。食事抜きダイエットをする理由として挙げられるのは、『運動嫌い』が大半を占める理由になっています。

『運動をする時間が無い』というのは、言い訳に過ぎません。どうしても痩せたいという意志があれば、運動する時間を自分で作る努力をするからです。現に仕事をしている女性でも、体型キープに気を遣っている女性は運動する時間を作りつつ、時間を有効活用して体づくりをしています。

運動量が少ないことで、気力が追いつかなくなることもまた事実です。有酸素運動は脳を活性化させ、日々の運動は精神面の鍛錬にも役立ちます。これにより、精神的なもので拒食症になってしまったり、『食事抜きダイエット』に走ってしまったりすることはなくなるのです。

現代に成人病や摂食障害、そして精神的な病に掛かりやすい人が多いのは、この『運動不足』によるものだと言っても良いでしょう。運動しないからやる気が起きず、やる気が起きないから運動を避ける。そして、安易な『食事抜きダイエット』に走り、拒食症になり、更に気力を失うという、悪循環です。

運動は、人間が生きていく上で最も必要な活動の一つです。生活には意識的に有酸素運動を取り入れることを心がけ、人間として健全な生き方を目指しましょう。


拒食症の治療法