拒食症ガイド TOP ≫ 拒食症の治療法 自主治療

自主治療

拒食症を自主治療で治すことも、もちろん可能です。食べられるもの(流動食でも問題有りません)を探し、自分で食べる努力をする。これが、一番回復の早い治療の方法なのではないでしょうか。病院を頼っても、周囲の人の助けを借りたとしても、最終的に病気を治すのは自分自身です。

自主治療を行って、拒食症を克服したという事例もたくさん挙がっています。このままではいけないという根気と努力のもと、拒食症患者達は回復出来る術を考え、まずは何が拒食の原因になっているのか。どういう方法なら自分は立ち上がることが出来るのか。それを試行錯誤した末、拒食の治療に成功しているのです。

拒食を自主治療する為には、まず気力の回復から始めなければいけません。きっかけは何でも構わないのです。周囲からの温かい励ましでも良いし、尊敬する人からの言葉がけでも良いです。恋人や家族などの大切な人からの温かい対応が、拒食症患者を救う例は後を絶ちません。

結局のところ、入院治療であれ自主治療であれ、拒食症の治療にとって一番大切なのは、冒頭でも述べたように本人の強い意志と、周りの大きな協力です。どちらが欠けてしまっても、治療は成功しません。

ダイエットで拒食症になってしまったのであれば、本人が『もう痩せる必要は無い』と自覚する必要があります。そして、何かのトラウマやストレス、不安がきっかけで拒食症になってしまったのであれば、それを解く為の手厚いカウンセリングや、周りの人々の愛情、そして本人がそれを受け入れる強さを手に入れること。それが拒食症の自主治療において、最も必要なものなのです。


拒食症の治療法


ポスター印刷 激安
ポスター印刷を激安でならディプリーズ楽天市場店で!

ペットホテルの送迎 杉並渋谷中野目黒大田区新宿品川港区
http://pethoteltokyo.com/sogei-page.html

http://www.shinwa-ticket.ne.jp/
クレジットカード 現金化