拒食症ガイド TOP ≫ 拒食症になるきっかけ 恐怖心

恐怖心

『恐怖心』は、拒食症の引き金になります。これは、どのような状況にも当てはまります。ダイエットに関して言えば、『太ったらどうしよう』『まだ太っているように感じる』『他の人から太っているといわれたらどうしよう』などの恐怖心によって、拒食症になってしまう恐れがあります。

また、生活の中での恐怖心や、あるトラウマによる恐怖心も拒食症の要因になります。これらの恐怖心の芽は、ちょっとやそっとのことで解消されるものではありません。カウンセリングを受けたとしても、たくさんの人から励まされたとしても、『恐怖心が完全に消える』ということは難しいことなのです。

しかし、この恐怖心が消えないことを一番悩んでいるのは本人です。他人にとってはどうでも良いことだったとしても、本人にとっては重要な問題であり、『そんなこと取るに足りないことだよ』と誰かが言う権利は無いのです。

拒食症に陥るほどの恐怖心というのは、とても根深いものです。それを最終的に解消するのは他の誰でもなく本人です。もちろん、カウンセリングを受けて解消していくのも良いでしょうし、一番近しい相手に根気良く話を聞いてもらうのも良いでしょう。しかし、当の本人が恐怖心と向き合い、それを解消する努力をするに至らなければ、他者の介入はあまり意味のないものになってしまいます。

恐怖心とは、誰もが抱く感情の一つです。それを持っているからと言って、恥じることは何もありませんし、それが拒食症の引き金になったとしてもごく自然な流れの一つです。まずは、それを誤魔化したり隠したりするのではなく、恐怖心に向き合う努力から始めましょう。


拒食症になるきっかけ


ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/

ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/