拒食症ガイド TOP ≫ 拒食症になるきっかけ ストレス

ストレス

拒食症の原因になる『ストレス』は、現代社会において至るところに存在しています。そもそも、『ストレス』と一口に言っても、人によって、環境によって、様々なタイプのストレスがあります。例えば、体に定期的にかかる負荷がストレスになっていたり、毎日考えなければいけない『何か』がストレスになったりと、要因は様々考えられます。

体はとてもストレスに敏感なので、拒食の原因になってもおかしくありません。ストレスによって食欲は減退し、それが拒食症へのステップに繋がっていく恐れがあります。拒食症のきっかけというのは、このようにほんの些細なことだったりもするのです。

例えばあるストレスから、「今日は何も食べたくない」と言う日が続き、その内栄養不足が原因で気力が無くなり、最終的に拒食症になってしまうということがあります。日頃からストレス無く過ごすというのは、社会で生きている以上とても難しいことですが、なるべく前向きな形でストレスを解消していく必要があります。

このように、ストレスだけが直接的な原因にならない場合もあります。ほんの些細なストレスの積み重ねが食欲減退を招き、無気力状態になり、そこから拒食症に発展するというケースも珍しいことではありません。拒食症に陥ってしまう前に、まずは自分のストレスに気付き、それをマメに解消していくように心がけましょう。


拒食症になるきっかけ


白衣 スクラブ
白衣のスクラブなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ディレグラ 添付文書
ディレグラの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!