拒食症ガイド TOP ≫ 拒食症になるきっかけ 家庭環境

家庭環境

家庭の環境によっては、摂食障害を引き起こす原因になる場合もあります。『孤食』という言葉をご存知でしょうか。最近では、家族団欒で食事をする、という機会も減ってきているようです。家族で楽しく食卓を囲むことを知らない場合、『食事』という行為自体に有難みや楽しさを感じることが出来ず、食べることに無関心になってしまうことがあります。

食べることに無関心だったとしても、『生きる為に必要だから食べる』と思っている内はまだ安心出来ます。しかし、『食べる』ということに有難みや楽しさを知らない状態というのは、とても恐ろしいことなのです。下手をすれば、拒食症になる原因の一つになることもあります。

何故、『孤食』が拒食症に繋がるのか。それは、『食べる』という行為を重要視しなくなる為に、何か嫌なことがあったり、多忙になってしまうと、『食べる』ことを最初に疎かにしてしまう恐れがあるからです。

食べることを疎かにすること。これが拒食症の始まりと言っても過言ではないでしょう。一度食事をろくにとらない時間を作ってしまうと、それが二度に増え、三度に増え、知らず知らずの内に体は食べ物を受け付けない状態になってしまう危険性があるのです。

家庭環境は、子供が小さい内からしっかり整えておく必要があります。家族で食事を楽しく食べられる環境を作ること。これさえ出来ていれば、子供は『食事をするのは楽しいことで、有難いことだ』と考えるようになり、食事を疎かにするようなことも無くなるでしょう。


拒食症になるきっかけ


ナースシューズ
ナースシューズならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!

http://www.pethoteltokyo.com/
ペットホテルを東京で