拒食症ガイド TOP ≫ 拒食症の特徴 吐きだこができる

吐きだこができる

拒食症になってしまった人には、手の甲に「吐きだこ」といわれるものができます。過食症⇒拒食症の症状になってしまった摂食障害の方によく見られる傾向として、吐く為に喉に指を突っ込むことがあります。その時、前歯に手の甲があたって、皮膚がただれて出来るもの。それが吐きだこです。

吐きだこを隠す為に、絆創膏や包帯などで隠している人も居ます。吐きだこを持っていることを悟られないようにしているのです。拒食症になってしまった人は、『それ何?』と聞かれることすら嫌がります。吐きだこを見つけたとしても、それについてはなるべく触れないようにしましょう。

拒食症になっている人では、もちろん吐きだこを持っていない人も居ます。『吐き癖』というものがつき、自分で胃に力を入れることで吐くことが出来るのです。そもそも、このように『吐く』という行為には、『自分の言葉を吐き出す』という代替行為が含まれているとも言います。

いつも思ったことを口に出せる人より、思ったことを口に出せない人が『嘔吐』に走りやすいと言います。『食べ物を吐く』という行為の中に、その人の葛藤や苛立ちが含まれているケースが考えられます。摂食障害は主に、メンタルの面での影響が大きく出るものです。吐きだこが出来ているからと言って、絶対にそれに触れたり、理由を聞いたりしてはいけません。


拒食症の特徴