拒食症ガイド TOP ≫ 拒食症の特徴 毛深くなる

毛深くなる

拒食症になることで、体毛が濃くなることがあります。拒食症になると、体重が減少します。それに伴って、体温も下がり、体が体温を保持しようとし、体中の毛が濃くなることがあるのです。美容目的でダイエットを始めたにも関わらず、拒食症になってしまって毛深くなってしまったら、せっかく美しい体を作ろうと思っても台無しです。

拒食症で栄養がなくなっているところに、『毛深くなってしまったから、ひたすら毛の処理をする』という行動に走ってしまうと、肌の細胞が弱くなっていることもあり、すぐに肌はボロボロになってしまいます。

それよりも、体温を上げる為の食生活をキチンととり、肌の代謝を上げ、体毛を薄くすることを考えることが大切です。いくら痩せていても、肌がボロボロになっていては意味がありません。ダイエットによって拒食症になってしまった人は、肌が汚くなり、体毛が濃いと言います。

美しくなる為に栄養を拒んだにも関わらず、このようになってしまっては本末転倒です。今からダイエットしようと思っているのであれば、絶食するようなダイエットは控えましょう。栄養不足は美容の大敵です。

もちろん、ダイエット目的に限らず、精神的なダメージによる拒食症で体毛が濃くなってしまった人も居ます。このような拒食症による生理現象は、女性にとって特に辛いものなのではないでしょうか。


拒食症の特徴


プラビックス 添付文書
プラビックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!